キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパート建築費の人件費 : アパート建築費の隠れ情報

アパート建築費の人件費

アパート建築費の隠れ情報

アパート建築費における人件費は職人不足により上昇しがちになっており、それは長年の不景気に起因しています。

アパート建築費の隠れ情報のメインimage

新着記事

アパート建築は十分に相談を

アパートの建築費を考える場合、多くの建設会社が請負をしてくれますので、いくつかの会社の話を聞いておきましょう。

アパートの建築費とサブリース

アパートのサブリースとは建築費支払いの際に一棟まるごと借りる事で家賃を保証する事です。

アパート建築費の人件費

アパートの建築費における人件費は上昇しており、それは建築費自体も上昇させています。

この要因の1つは長年の不景気があり、その間の仕事が不足していた為職人が育っていなかったのです。

実際に電気工などの職人の年齢幅を確認すると若い年代の職人が少なく、50歳代以上のベテランというべき年代の職人の割合が多くなっています。

不景気な時代では仕事量も少なくなっていた為、その仕事を求め業者間でも競合が行われた結果、建築費を下げてしまっていたのです。

またその事は人件費を抑える事にもなってしまい、職人の収入を下げていきました。

そうなると負担が重い職人の仕事で給与が低いという事になってしまいますので、職人を希望する人へ減少し、現在の職人不足へとなっていきました。

現在は東京オリンピックを控え、ゼネコン側も仕事を選ぶようになってきており、費用を下げようとする仕事は引き受けないという話もあります。

アパートなど小規模の建築費の物件より大きな物件の方が利益も高い為、仕事としても選ばれにくくなっているのです。

その為安価な事がメリットのはずのアパートの建築費も上昇しがちになってしまい、アパートのメリットが少なくなりがちです。

賃貸物件の利益を考える上でも建築費は下げたいものですし、そういった事は建設前に相談をしておくべきでしょう。

特に賃貸物件は入居率が安定するかどうかで大幅に将来が変わってきますので、リスクがある事は意識しておくべきなのです。

大家業は安定と言われていましたが、現在はしっかり考えなければいけない状態になっています。