アパートの建築費はどれくらいになるのか

アパート建築費の隠れ情報

アパートの建築費の計算は坪単価で計算される事が多く、一般的に40万から60万円と言われています。

アパート建築費の隠れ情報のメインimage

新着記事

アパート建築は十分に相談を

アパートの建築費を考える場合、多くの建設会社が請負をしてくれますので、いくつかの会社の話を聞いておきましょう。

アパートの建築費とサブリース

アパートのサブリースとは建築費支払いの際に一棟まるごと借りる事で家賃を保証する事です。

アパートの建築費はどれくらいになるのか

アパートの建築費は坪当たりの単価で計算されており、その費用が高額になるほどコストの高いアパートとなります。

アパートは投資の対象としても使われており、家賃保証を行うサブリースという一棟借り上げ制度によって多くのアパートが建築されています。

ただこの家賃保証は一定期間経過すると保障額が下がるケースもあり、実際に大手の建築会社でも赤字を理由に保障額が下がってしまう場合もあります。

サブリースでアパートを建築する際は契約内容を確認し、家賃見直しがないかチェックしておきましょう。

またアパートを投資や税金対策として建てる場合重要になる建築費ですが、この建築費は安ければ良いというものではありません。

入居者が安定して住んでくれる、質の良い物件である事がアパートを経営する上では重要なポイントですので、建築費ではなく入居者を維持出来るかどうかが大切なのです。

アパートはマンションと比較し坪単価も40万から60万円ほどと安価に建てる事が出来ますので、場所などのメリットが強ければ魅力ある物件していく事が出来ます。

費用が安価である時点でコストパフォーマンスは良くなりますので、アパートは続々と建築が続いています、

ただ現在日本は少子高齢化による人口が減少傾向にありますので、条件を吟味して考える必要があります。

アパートの建築費をコストとして不必要なものが無いか確認することは大事ですが、その一方で費用は長期間に渡って収入を得るための『投資』でもあるのです。

長く良い物件として運営出来るアパートとして建てることが重要となります。